2016/03/31

3月31日(木)晴。 〜学長任期満了〜 3期6年と23日の任期を終えて

ブログランキングに参加しています♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ

暖かい日が続き、日に日に桜の花もほころび、満開間近である。

稲葉地公園アクテノン前の桜も7分咲きといったところか。今週末は花見三昧できそうだ。


今朝もナイスデイでモーニング。安定のスタンダードタイプ。コーヒーも美味しい。


今日は9時30分から在学生ガイダンス。キャンパスは新学期の活気に満ち溢れている。

明日は新入生ガイダンス。今春の入学者は、おかげさまで前年度比36%増となった。昨年度が少なかったせいもあるが、嬉しい限りである。これに甘んじず、さらに前進したい。

11時より、3月31日付の卒業式を挙行。

13時からの退職辞令交付式に先立って、理事長室にて、学長任期満了に伴う解職の辞令を受ける。13時からは退職者の辞令交付式に出席。


学長在任期間は、2215日。3期6年と23日であった。

実は、名古屋音楽大学の一般教養の教員として同朋学園に勤め始めてから、今日でちょうど20年目が終わることになる。学長になる以前から学園の様々な改革課題に携わってきたものの、思いがけないタイミングで学長職を経験させていただいたことは本当に良い勉強になった。自分にとっても成長の6年間だった。普通では得難い経験をたくさん重ねさせていただいた。本当に良い時期に学長を経験できた。心より感謝したい。

とはいえ、定年までまだ13年ある。これからの自分の人生の10年先を見つめつつ、さらに精進したい。

学長として果たすべき役割は果たした。ためらうことなく次の役割期待に応えたい。同朋学園においては、三大学連携と高大接続を軸とした学園改革にさらに邁進したい。

名古屋音楽大学の創立50周年もおかげさまで無事に終えることができた。次の50年の土台の基礎作りはできたと思う。51年目からも歩みを止めることなく教職員・学生・同窓生・保護者一丸となって前進していきたい。

大学は過剰供給と淘汰の時代に見えるが、時代はグローバルでボーダレスである。グローバルに発想することがますます肝要となっている。世界はまだまだ広い。グローバル社会の中で、いかなる価値を創造する個性であるかが問われている。

マスメディアからソーシャルメディアの時代へと移行し、ますますセルフプロデュースが重要となる時代が到来している。成熟社会においてはソーシャルネットワークが威力を発揮する。次代をつくるソーシャルネットワークパワーを味方につけることはとても重要である。

情報は資本であり、情報の生産性が問われる時代である。生産力の高い情報拠点、発信拠点となることが大切である。情報の生産性と発信力が問われている。いかなる情報を生産し、いかなる情報を発信するのかが問われている。

さて、今春もたくさんの新入生を迎えることができた。心より感謝するとともにめいおんの一員として成長してほしい。

まさに季節は春爛漫である。

今春の新入生へ歓迎の意を込めて、過去の入学式での「学長のことば」のリンクを作成したので、興味のある方は是非ご一読を。学長退任にあたってのメッセージとして受け取ってほしい。
入学式「学長のことば」(名古屋音楽大学平成22年度入学認定式/2010年4月6日)
入学式「学長のことば」(名古屋音楽大学平成23年度入学認定式/2011年4月1日)
入学式「学長のことば」(名古屋音楽大学平成24年度入学認定式/2012年4月7日)
入学式「学長のことば」(名古屋音楽大学平成25年度入学認定式/2013年4月2日)
入学式「学長のことば」(名古屋音楽大学平成26年度入学認定式/2014年4月2日)
入学式「学長のことば」(名古屋音楽大学平成27年度入学認定式/2015年4月4日)

長い間ありがとうございました。本ブログはこれにて終了します。今後は、学長時代の記録(アーカイブ)としてご覧ください。


さあ、次の10年へ! 前進あるのみ!


開設!
引き続きご愛顧くだされば幸いです。
2016年4月1日から同朋学園(三大学)の入試・広報センター長を務めます。

専門を究める。人間力を鍛える。

Lights On! Show May Go On!
照らせ!君の未来のステージ
Meion 50th Anniversary Year
since 1965-
Nagoya College of Music
名古屋音楽大学は創立50周年を迎えました

読んでいただけたら、クリックお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
毎日クリック♪(ランキングが確認できます)
音と人とのアンサンブルがある

名音大を体験しよう!

成長する音大
名古屋音楽大学

“それぞれの音楽、それぞれの可能性”